このページのリンクアドレス

エブリスタ
海月の骨

小説 ミステリー

海月の骨

宇津木健太郎

それは、一件の猟奇殺人から始まる、嘘と真実と愛の意味を問う群像劇

完結

407ページ

更新:2018/04/02

コメント:いい意味でも悪い意味でも、勢いを乗せた物語に仕立て上げました。完結済みですが、随時続きを更新して参ります

説明

 平和だった街で、一件の猟奇殺人が発生した。
 詳細が伏せられ、世間は興味をそそられ、しかし関係者は皆恐怖の色を見せる。
 病的に嘘をつく女子大生、彼女と同居する親友、猟奇事件を追う刑事、ちらつく暴力団の影、そして事件を引き起こした犯人......
 彼らは皆、意図せずして或る一人の探偵に助力を求める事になり、無関係に一つの街で生活をしていた彼らは、事件に翻弄され、事態は徐々に集約していく。
 暴力とエゴと嘘の坩堝で、皆、愛を求めていた。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

宇津木健太郎さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません