このページのリンクアドレス

エブリスタ
機械仕掛けに落ちました

小説 恋愛

【書籍収録作含む】『恋』短編

機械仕掛けに落ちました

空と小鳥

(8)

甘え下手と甘やかしたがり

完結

10ページ

更新:2018/04/06

コメント:「恋」短編コンテスト「キュンとしたひと言」応募作品。

説明

「キュンとしたひと言」応募作品。同じく同コンテストに応募した『ある意味シンデレラ」[リンク]は佳作を頂き、角川ビーンズ文庫様より発売の
『5分後にキミのひと言ではじまる恋』に
収録されましたヽ(´▽`)/
拙作『世話焼きにもほどがある』も収録されております。
応援してくださった皆様、
ありがとうございます(о´∀`о)


♪♪♪

今日は図書委員の当番。
カウンターで貸出業務をしていたら
パソコンがフリーズ。
機械音痴の私もフリーズ。
途方に暮れていたらイケメンな先輩が助けてくれたけど…

そんな感じのラブコメ…のつもりです♪


話の都合上、作中でパソコンがフリーズした時の対処法に触れてますが、もし間違えていたらごめんなさい(>人<;)
笑って大目に見てくださるか、間違えてるよとそっと教えて下さると嬉しいです(〃ω〃)




ちなみに当作品に出てくるイケメンな先輩は、以下の拙作※の第2章10話以降に出てくる脇役の鬼介(きかい)くんですが、続編などではない全く別のお話なので当作品単独でご覧頂けます(*´∀`*)


※『幸福の青い鳥は青くなくたっていい
【部活版】』
[リンク]
[新作セレクション(2017年10月12日号)
に選んで頂きました♪]

この作品のタグ

作品レビュー

ももたろう
ももたろうさん
【作品】『恋』短編についてのレビュー

ネタバレ

おーこれは傑作。

すごく読みやすく軽やかな文章で進むストーリー。

でも中味はきちんと高校生、いや中学生くらいなのだろうか女の子の心理を細かく、描写されているのには驚きです。

そうですよね、自分がつかんでいるマウスの手の上から彼の手がかかってきたら、そう、心臓がオーバーヒート、爆発してしまいますよね。
嬉しいけれど、自分を見るあの先輩女子のあの厳しい目、突き刺さる視線は避けようがない。

嬉しさを通り越して、いたたまれない気分にもなりますね。
その辺をきちんとフォローしてくれる先輩はいい男ですね。

確かに、パソコンに詳しくないとトラブルがあると、大体は深みにはまってしまいますね。

でも、彼女それが功を奏したのか、きちんと彼の優しい心の深みにはまってしまったようですね。
どうやら壊れたのはパソコンだけでなく、彼女の心もすっかり壊れてメロメロになっちまったようで、何度も墓穴を掘って、でもそれがまたかわいかった。

これで、良かったのかしら? うん、いいんだよ。先輩女子なんかに負けるな。
とても素敵な物語に感嘆です。

もっと見る

2018/06/17 21:13
コメント

空と小鳥さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント