このページのリンクアドレス

エブリスタ
サクラフォビア

小説 現代ファンタジー

サクラフォビア

皇海宮乃

超・妄想コンテスト 第73回「桜の木の下で」応募作品

完結

6ページ

更新:2018/04/22

コメント:集合体恐怖、トライポフォビアな方は閲覧しない方がいいかもしれません

説明

「さあ、どうかな、正直、僕はこんな事になるまで、桜なんてものは、薄ぼんやりしたピンク色の雲のようなものという認識程度で、当然種類の見分けもできていなかった」

「だが、去年、初めて、学内のソメイヨシノの、あの、葉が出てくる前にいっせいにつけるあの薄紅の五弁の花びらを見た時に、全身を掻き毟りたくなるような不快感に襲われた、今なら君にもわかるだろう」

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

皇海宮乃さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント