このページのリンクアドレス

エブリスタ
味覚亭

小説 ヒューマンドラマ

味覚亭

二口卓也

20年間の引きこもり生活からの脱却。

完結

67ページ

更新:2018/04/22

コメント:料理と家族愛、暖かい人間模様を描きました。よろしくお願いします。

説明

十七歳で高校を中退した瑞樹は、その後二十年間に及び自宅での引きこもり生活を続けた。
しかし、瑞樹は将来の夢を実現するために二十年間ひたすら家事手伝い特に料理作りに励み続ける。
そして、二十年後三十七歳になった瑞樹は、長年に渡って磨き続けた料理の才能と技術を発揮すべく
深夜営業の食堂「味覚亭」をオープンさせる。
資金は、ひたすら貯め続けた両親からの小遣い二十年分の五百万円。
千葉市中央区。
飲食店激戦区のこの町で瑞樹の挑戦が始まった。
瑞樹は、営業を通して様々な客と接しながらゆっくりと確実に成長していく。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

二口卓也さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント