このページのリンクアドレス

エブリスタ
空に眠る

小説

空に眠る

堀北 紘

その夏、僕は『何か』を見ていた

連載中

6ページ

更新:2018/04/17

コメント:少しグロテスクな表現があります

説明

高校2年生の翔(かける)は、夏のある日、交通事故で恋人、莉空(りく)を亡くす。しかしその事故の後、翔が目を覚ますと、その世界に莉空は元から存在していなかった。自分が見ていたものは一体何だったのか。何故、莉空は消えてしまったのか。翔は一人、莉空を探し続ける。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

堀北 紘さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません