このページのリンクアドレス

エブリスタ
明日、世界が滅んだら

小説 SF

明日、世界が滅んだら

無糖

滅ぶ明日を想像して生きるにはまだ未熟な僕等

連載中

18ページ

更新:2018/07/08

説明

2030年 丸い地球の大地も大空も平等の理の中で出来ていた。
幼馴染みのハイスペックを妬むキク、ハイスペック冷血男子の林がみた世界の最期。

突如あらわれたロボット、あの走馬燈の中の白髪美少女!?時空移動!?


ふたりの約束は、いま果たされる。


「もし世界が明日滅ぶなら、俺は最期まで………」





SF知識の浅い人間が描いた小説です。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント