このページのリンクアドレス

エブリスタ
熱沈みし海

小説 恋愛

熱沈みし海

東雲 桃矢

(1)

「好きよ、そういう人」彼女のその言葉にどれほどの重さがあるのだろう?

完結

13ページ

更新:2018/04/15

コメント:忘れられない、忘れちゃいけない

説明

仕事もプライベートもズタボロで海外まで逃げてきた海音

彼は国外の小さなこの島で日本人女性に出会った

この作品のタグ

作品レビュー

東雲 桃矢さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント