このページのリンクアドレス

エブリスタ
忘れ桜

小説

忘れ桜

右月 示

桜が見せた夢なのか、桜に魅せられた夢なのか。

完結

2ページ

更新:2018/04/14

コメント:「桜の木の下」って結構難しいワードですね

説明

僕が桜を見てどう思ったかそのまま書きました。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント