このページのリンクアドレス

エブリスタ
Dolls:Thousand Knives

小説 SF

Dolls:Thousand Knives

なぎのき

ナノマシンテクノロジ──それを手にした時、人類は何を考えるだろうか?

完結

242ページ

更新:2018/04/14

コメント:強化人間、AI、ナノマシン……独自の世界観にどっぷりと浸って下さいませ

説明

国連直轄組織の紛争解決組織は、裏の顔を持っていた。
──『グレイブヤード』。
そこでは『紛争解決』という名の殺戮、人体実験が行われていた。

対して、人道支援、救援を主目的とする国際NPO『クレイドル』はナノマシンの生体融合技術を実用化し、それの軍事転用を防ぐため、自ら武装する道を選んだ。
そこに用意されたのは、サウザンドシリーズ──戦闘AIとナノマシンの生体融合技術を組み合わせた強化人間達。
彼らは『グレイブヤード』と対立し、戦いの場に身を躍らせる。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

なぎのきさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント