このページのリンクアドレス

エブリスタ
願わくは、花の下にて

小説 ヒューマンドラマ

願わくは、花の下にて

朝木モコ

(5)

これだから社畜はやめられない。

完結

14ページ

更新:2018/04/15

説明

「願わくは 花の下にて 春死なん」
「そのきさらぎの 望月のころ」
ばかね。置いていかれる方の気持ちも少しは考えてくださいな。
あなたと共にあるのなら、
春も、夏も、秋も、冬も、
全てが、愛おしい。

この作品のタグ

作品レビュー

朝木モコさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント