このページのリンクアドレス

エブリスタ
鳥使いホドス

小説 詩・童話・絵本

鳥使いホドス

三角重雄

世界の運命の鍵を握るのは…。ホドスは空への道を示せるのか?

完結

5ページ

更新:2018/04/16

コメント:ホドスは、澄んだ瞳でアレクサンドロスをじっと見つめた。ホドスの眼の力がアレクサンドロスを動かした。

説明

紀元前146年、ローマに敗れてコリントスを破壊され、アカエア属州となったギリシャは退廃していた。ローマを恨みつつ媚び、ギリシャ人同士疑い、だまし合い…。そんな祖国を救うべく、1人の勇気ある少年が立ち上がった。この話は、ホドスという少年が、旅の中で、男の心を見つけてゆく物語です。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

三角重雄さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント