このページのリンクアドレス

エブリスタ
アクロス・ザ・シー

小説 ヒューマンドラマ

アクロス・ザ・シー

13kid

(3)

――海を越え伝えたい。それでも僕が君を愛していたという事を。

完結

22ページ

更新:2018/04/19

コメント:妄想コンテスト『今も忘れない』参加作品

説明

娘のゆみるから手紙が届いた。

随分昔に別れた妻・小明に「会ってくれませんか?」と。
別れてまもなく20年になるのに、どんなことを話せ、というのか。
ゆみるとかわした手紙のやりとりを振り返りながら、僕は今も忘れない20年のうちにあったこと、彼女たちにしでかした仕打ちと自らの誤りを振り返る。

<本編より抜粋>

 ――海を越え伝えたい。それでも僕が君を愛していたという事を。

 なあ、ゆみる。24歳になったんだね。すっかり大きくなったんだな。感慨にふけりながら君からの手紙を読んだ。

「会ってくれませんか?」

 最初それは出来ないよ、読んでそう呟くことしか出来なかった。
 臆病だと思うだろうか? 色々あるんだ。遠くにいるんだ、と思うと何でも想像してしまって。例えば君が学校へ何を着て行ってるのか、どんな部屋で暮らしているのか、君がどんなふうに自分を触るのか、最後に君がどこか海の向こうにいるような気がして、そんな状況を作ってしまった自分をいつも呪うんだ。

平均読了時間:30分(BEAR調べ)

この作品のタグ

作品レビュー

13kidさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント