このページのリンクアドレス

エブリスタ
かみさまの国の柿の木

小説 詩・童話・絵本

かみさまの国の柿の木

三角重雄

美魔女の姫子さんからの、芽衣への贈り物は…

完結

6ページ

更新:2018/04/15

コメント:柿の木の奇跡は三度起きた。木の命は生きていた!

説明

「私もおばあちゃんと一緒に姫子さんの家に何度か行ったの。おばあちゃんと姫子さんがおしゃべりしてる間、黙って待っていても全然苦じゃない。空気がきれいなの。部屋に光が満ちていて。」
 人は人の愛に支えられて、生きる希望を見いだします。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

三角重雄さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント