このページのリンクアドレス

エブリスタ
「初めまして、大好きでした。」

小説 恋愛

「初めまして、大好きでした。」

なお

――桜が散る季節に (私を、忘れる)(君は、消えてしまう)

完結

19ページ

更新:2018/04/18

説明

桜が散る頃、君は私を忘れてしまうから日記を書くんだ。
何故か、家に日記があったから、書かないといけない気がして。

「桜の木の下で」
※加筆修正、これで終わりなはずです。大筋は変えないです

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

なおさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント