このページのリンクアドレス

エブリスタ
伝説闘姫アマゾニス

小説 設定・プロット

伝説闘姫アマゾニス

星崎椎香

女神の中で彼女たちは何を見るのか?

完結

8ページ

更新:2018/04/16

コメント:Project ANIMA SF・ロボット部門にエントリーしました。

説明

 惑星ルボラで先住民の攻撃に対抗すべく地球人が防衛に使用した古代文明のロボット『アマゾニス』。
 その実験中に殉職した操縦士の実妹『風間・リョウ』は姉に代わってアマゾニスの操縦士となり、ふたりの戦友『ヒカリ』と『レイン』とともにチームを編成。圧倒的に数で勝るルボラ軍のロボット『フェメル』の軍団との闘いに身を投じていく。地球人とルボラ人。同じ人間同士の争いの中で友情、努力、ほのかな恋。怒りと憎しみ、失望。
 人種間の政治的駆け引きや伝説の謎に翻弄されつつも、自らの信じた正義をアマゾニスに託し闘い続けるリョウ。
 やがて、その渦中で次第に明かされてゆく古代文明の謎と秘密。
 最後の決戦が終わったとき、闘いの物語は全て平和にみちた世界がもういちど生まれるための試練であったこと、そして、様々な苦難を乗り越えて成長した主人公リョウが知る生命軌道のあるべき姿とアマゾニスの真実。
 未知の文明が残した伝説の闘姫・アマゾニスと美しく勇敢な女性たちがおりなす人間ドラマを描く新感覚ロボット浪漫!
 俯く白百合は哀しみを信じない……!

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

星崎椎香さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント