このページのリンクアドレス

エブリスタ
インデペンデンス・ウォー

小説 SF

インデペンデンス・ウォー

Y・Y

(2)

――地球人は奴らの奴隷に過ぎなかった。

連載中

142ページ

更新:2018/08/21

コメント:毎日一ページずつ更新してます。※スター二百個達成しました。応援してくださった皆々様方に感謝しきりです。

説明

不思議な夢を見る少年エイリは、同じような夢を見る友達と悩みを共有しながら学校生活を送っていた。
しかしある日、街がエイリアンに侵略される夢を見る。
クラスメイトにあり得ないと嘲笑されるエイリだったが、あろうことか現実に起きてしまう。
地獄絵図と化した街を逃げ惑うエイリ。
ついには追い詰められてしまうが、そこでエイリは奇妙な光景を目にする。

――これは人類が絶対支配者から独立する物語。
そして、少年少女たちが自立する物語。
遺伝子レベルで決まった運命を、打ち破れ。

この作品のタグ

作品レビュー

冬野友
冬野友さん
【作品】インデペンデンス・ウォーについてのレビュー

Y・Yさんへ。イベントにご参加くださり、ありがとうございます。主催者の冬野と申します。

とてもワクワクするSF小説でした。私もSF好きなので、UFOの襲来とか予知夢とか出てきた時「キター!」と思いました。また、戦っているシーンもスリリングでした。そして何気に描写が細かいところが良かったです。例えば4ページの食事のシーンでも「机の中央にある……ふりかけに手を伸ばす」とありましたが、ふりかけ一つで芸が細かいなぁと感じました。^^

Y・Yさんはお上手ですし、文章に〝やる気〟を感じますので、僭越ながら改善点を2つ述べさせていただきたいと思います。

まず一つ目に文の長さと構成です。作者様は良く努力して、文を短くしていらっしゃいました。また難しい言葉を用いて雰囲気を出しておられました。とても良いと思うのですが、それでも、やや読みにくさを感じました。例えば4ページ「そう言って口に……印象深かった」という表現や、6ページ「いつもという言葉で……夢のおかげだった」という表現は、何を言いたいのかよくわかりません。文を整理し、読みやすくしましょう。

二つ目は情報量です。情報が限られているため、わかりにくいところが多々ありました。例えば4-5ページで「UFOもちょうどこんな感じだった気がする」とニュースの説明があります。でも、ニュースに出てくるUFOの具体的な描写がないため、「こんな感じ」とはどんな感じなのかわかりません。当然似ているか似ていないかについて読者は判断できず、独りよがりな文章のように思われる恐れがあります。

6ページの夢の回想シーンも同様です。「聞けば聞くほどに共通項が浮かんでき(た)」という表現は悪くないのですが、具体的な共通項が述べられていません。あるいは、共通項を話し合ったという描写もありません。なので、やはりここでもわかりにくいなと感じました。読者が「確かに共通項がある」と少しでも納得できる描写表現が欲しいと思います。

色々書いてしまってすいませんでした。これらは私も苦手とする点で、日々上達できればと思っています。お互い、引き続き良い小説を書いていきましょう。ご参加くださり、ありがとうございました。^^

もっと見る

2018/07/18 22:13
コメント(1)
フクロウ
フクロウさん
【作品】インデペンデンス・ウォーについてのレビュー

ネタバレ

こんにちは。お待たせしました。(*^^*)

上質な映画を観ているような気分になる作品だなと感じました。それだけ登場人物の描写や主人公の心理描写が丁寧に紡がれていて、流れるようにするすると更新分まで楽しめました。

登場人物も割とネガティブな主人公を筆頭に個性的でそれぞれの能力を活かした戦闘シーンは迫力がありました。個人的に一番いいな、と思ったのはいわゆるモブ(もしかしたら次に繋がるのかもしれませんが)の高校の生徒や助けられた人々などもきちんと描いているところです。彼ら彼女らの存在があるからこそ、物語がしっかりとすわり、エイリアンが襲ってくるという突飛な展開にリアルさを与えてくれたと思います。

伝言板に書かれていた矛盾点は特に見当たりませんが、もし強いて言うならば、そこまで主人公がこの事態を自分のせいにすることはないのではないか、ということです。予知夢を見ていた、あるいは能力を持っている自分たちがいるから敵が襲ってくるのは、確かにそう思ってしまうかもしれませんが、明らかに攻めてくるエイリアン側が悪いわけであるので、恐怖や不安とともにそこへの怒りも表出されるのではないかなと感じました。序盤は特に主人公は、自分を責めるようなネガティブな思考ばかり展開していますが、ここでもう少し敵側への怒りだとか、あるいは同級生らから攻められて「自分のせいだけではない」というような思いなども描くといいかもしれません。

これからどんな戦いが待っているのか、どんな仲間や敵が出てくるのか、主人公の能力はいったい何なのか、などこれからの展開がとても楽しみです。更新は大変かと思いますが、頑張ってください(^^)

もっと見る

2018/06/22 13:20
コメント(3)

Y・Yさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント