このページのリンクアドレス

エブリスタ
まだ、間に合ううちに。

小説 ヒューマンドラマ

まだ、間に合ううちに。

石田灯葉

ある晴れた日。僕は、母と一緒に自分の葬儀場を選びに街を歩いていた。

完結

25ページ

更新:2018/05/15

コメント:前作「はかり」はかなり抽象的な話になりましたが、今回は物語として一本筋の通ったものを書きました。

説明

ある晴れた日。僕は、母と一緒に自分の葬儀場を選びに街を歩いていた。

過労死で死んでしまった「僕」と、
何故か「僕」が見える母親との、
最期の一日の物語。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

石田灯葉さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント