このページのリンクアドレス

エブリスタ
コントラバス・シンドローム

小説 恋愛

コントラバス・シンドローム

森野熊

先輩、僕はもうコントラバスをやめようと思います。

完結

10ページ

更新:2018/04/17

説明

高校のジャズバンド部の一番地味な楽器、コントラバス。
主旋律弾けないし、つまらないからもうやめたい。
そう考えていた僕に、バンドマスターの先輩女子は……。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

森野熊さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント