このページのリンクアドレス

エブリスタ
アジタートで叫んで

小説 恋愛

アジタートで叫んで

浜田龍

言葉なんて無くても良い。そこに音楽さえあれば、「好き」だって伝えることができる。

完結

36ページ

更新:2018/04/23

コメント:人生で初めて書いた小説です。短いので空いた時間などに読んでいただければ幸いです。

説明

音楽は技術が全て、今までそう信じてきた結多は高校生になり、小春と出会う。小春の明るい性格と感情を吐き出すような演奏に次第に惹かれていく結多。「小春のピアノを聴くとドキドキしてしまう……」初めての感覚に戸惑う結多。そしてその胸の中にある、もう一つの気持ちに気付くが……。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント