このページのリンクアドレス

エブリスタ
恋愛性理論。背伸びの微熱。

小説 恋愛

恋愛性理論。シリーズ

恋愛性理論。背伸びの微熱。

烏丸新太 ( 悲劇的多忙 )

(2)

世界のご褒美は恋愛?体と心の科学反応。五感で感じる時、憧れの光線が走る。

完結

45ページ

更新:2018/05/02

コメント:憧れ焦がれ、火傷する想いに、大人になりたい心はどこへ向かうのでしょうか。

説明

[リンク]姉妹作品です。
この作辺りから、恋愛の面白さを勉強しようと奮闘してます[リンク]

この物語の謎は『恋愛』時にキレイで時に…。
世界で一番美しいとされる数式。
オイラーの等式、eiπ + 1 = 0。
人間関係も、数式の様に美しい関係にならないでしょうか?
科学者だって人間。
ニュートンは力学、絶対時間と絶対空間あってと言葉通りに語ってる。
だけど、あのアインシュタインだって何度も『光』に対しては意見を変えてる。
正解のない世界ってどんな人でも楽しいんだと思う。

この作品のタグ

作品レビュー

烏丸新太 ( 悲劇的多忙 )さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント