このページのリンクアドレス

エブリスタ
夕暮れの声

小説 恋愛

夕暮れの声

黒猫子

一歩ずつ、ひとつずつ。わたしたちは話し始める

完結

7ページ

更新:2018/05/16

コメント:先輩と後輩、いつもの少し遠い関係がちょっとだけ崩れるかも知れません

説明

桜の花びらも所によってはもう散って、少しずつ夏の足音が聞こえてきましたね。そんな時期になると、もうだいぶ新しい環境でもある程度の場所に落ち着く人も出てきますよね――という気持ちになって、高校時代を思い返しながら書いていたりします!

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

黒猫子さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント