このページのリンクアドレス

エブリスタ
煌刃伝

小説 ファンタジー

煌刃伝

帆力秋宏

「この世に正義があるのなら――それは、この刀だけが知っている」

連載中

128ページ

更新:2018/06/29

コメント:Project ANIMA 「異世界・ファンタジー部門」(小説作品)応募作品

説明

 時は戦国、乱世の時代。
 主人公の少年・天宮城眞里(うぶしろ しんり)は傭兵として戦場で生きながら、十年前に殺された親兄弟の仇を追っていた。
 その仇とは、「正義の剣士」と噂される《煌刃衆》。彼らは煌刀と呼ばれる特殊な剣を用いる一騎当千の剣客たちであり、煌刀は瑠璃色の鞘に収められているという。
 噂に名高い《煌刃衆》は、しかしその存在を疑いたくなるほどに杳として行方は知られなかったが、眞里はある戦いの中でついに邂逅を果たす。
 それは《生き傀儡》と呼ばれる人造人間の少女・明星(あかり)と、そして煌刀《地獄道》との運命の出会いでもあった──!

 Project ANIMA 「異世界・ファンタジー部門」(小説作品)応募作品。


 ※本作品は、以前「小説家になろう」様にて公開していた作品を加筆修正したものです。

この作品のタグ

作品レビュー

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント