このページのリンクアドレス

エブリスタ
誰そ彼に消ゆ

小説 ファンタジー

暁の書

誰そ彼に消ゆ

蜂須賀緋燕

〝記憶〟も〝記録〟も、消えたとしても。〝想い〟は残り続ける。

連載中

14ページ

更新:2018/07/03

説明

見ていなくても、解る事がある。

言わなくても、分かる事がある。

知らなくても、気付いている事がある。

〝記憶〟にも〝記録〟にも残らなくても、〝想い〟は残り、信じて歩いて欲しい。



これはあなたが、あなたの為に残した〝想い〟。

例え見る事も聞く事も無くても、あなたの中にずっと残り続ける〝想い〟。




お前の支えになればいい。

俺が、俺の為に残したに過ぎないものだから。

俺が消えたとしても、お前は俺では無い俺だから。

〝忘れるな〟、とは言わないが、残っている事を頭の片隅にでも置いておけ。

必ず、お前の進むべき道を指し示してやる。





読んでいただければ、暁の王の裏側、根元が見える作品です。

なくてはならない、最期から遡る物語です。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

蜂須賀緋燕さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません