このページのリンクアドレス

エブリスタ
咲くは君

小説 ヒューマンドラマ

咲くは君

言吹野蛙

自分だけにしか見えない大切な宝物に気づく物語

完結

13ページ

更新:2018/04/18

コメント:妄想コンテスト『桜の木の下で』に参加します。

説明

公園のベンチにひとりで座る理由は、ひとそれぞれ。初めてその席についた僕に相席を願い出た女性は、誰よりもそこからの景色を愛する人だった。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

言吹野蛙さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント