このページのリンクアドレス

エブリスタ
異世界のサクラフブキ

小説 ファンタジー

異世界のサクラフブキ

織田崇滉

(1)

『桜の木』が異世界へ転移したとき、現地の少年はその見目麗しさに心を奪われる

完結

20ページ

更新:2018/04/20

コメント:植物にも生命と思念があるんだねっていう

説明

山村に住む男児シダーレは、荒れ地に生える不思議な樹木を見付ける。

それは本来この世界に存在しない、別世界から転移して来た『サクラ』という植物だった。

シダーレはサクラの木から顕現した精霊と話すうち、日に日に心を通わせるようになる。

しかし、それを目撃した大人たちは、得体の知れないサクラを気味悪がって、倒木を決定する……。

この作品のタグ

作品レビュー

織田崇滉さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント