このページのリンクアドレス

エブリスタ
夢を見ていた

小説 ヒューマンドラマ

夢を見ていた

浅果好宗

(7)

完結

9ページ

更新:2018/04/19

説明

説明文がありません

この作品のタグ

作品レビュー

ももたろう
ももたろうさん
【作品】夢を見ていたについてのレビュー

ネタバレ

扱っているテーマは、子供のない夫婦と、犬。

最初は、奥さんに飼うことを強烈に反対されたけれど、結局は仲良く協力して犬の面倒を見る。
二人だけの人生、暮らしにどれほどの安らぎと潤いをもたらしてくれたことだろうか。

そして悲しい別れ。
そうですね、普通に考えれば犬の寿命は12年から15年位のものでしょうか。その悲しみを味わった人は、もう二度と犬は飼わないときっと思うことでしょう。

でも、そうなんです。余ほど強い決意でなければ、あの可愛さをまた欲しくなってしまいますね。

やがて年上の奥さんを亡くす。

なんとそこには、これから一人で歩まなければならない人生に、歩幅を合わせてくれるタロがいたじゃありませんか。

犬の存在をこうまで優しく語りかけてくるお話に、とても共感いたします。

何か特別なことが描かれているわけではありませんが、そこにあるのは、一匹の犬と連れ合いの死。そして残された夫と一匹の犬。

同じ組み合わせの対照的な生と死が、やわらかな筆致で丁寧に描かれておりました。

とても穏やかな、とてもピュアな混じりけのないお話が、じんわりと心に響いてまいります。ステキなお話でした。

もっと見る

2018/04/23 21:32
コメント(2)

浅果好宗さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント