このページのリンクアドレス

エブリスタ
坂を渡れば風に逢う

小説 恋愛

坂を渡れば風に逢う

かるうら

『直感』と母は言った。 『行動』と父は言った。

連載中

4ページ

更新:2018/04/24

コメント:読者さまの心を満たせる作品を作りたいです。

説明

片桐高校2年 坂崎逢音 va (16歳)
西浜高校2年 渡部颯太 vc (16歳)

父、母、共に奏者である逢音は、合同オケのときについ父と同じ楽器であるチェロの手元をガン見していたのを颯太に見つかった逢音は、うっかり楽器を落としてしまう。
颯太が「このあと修理に行こう」と言い出し……?


あまりメジャーではない、合同オケネタを少し。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

かるうらさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません