このページのリンクアドレス

エブリスタ
桜の頃

小説 現代ファンタジー

桜の頃

稲穂かえる

古い駅のホーム。満開の桜の下・・・少女は帰らぬ人を待ち続けた。

完結

22ページ

更新:2018/04/20

コメント:短編を書いてみました。読んでいただけると幸いです。

説明

古い駅のホームに古い桜の木がある。
薄桃色の花が満開になる頃、咲き誇る桜花の下に和服姿の少女現れ、電車から降りて来る乗客を眺める。
その日、僕は意を決して少女に声をかけた。
時を超えた使命を果たすために・・・。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

稲穂かえるさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント