このページのリンクアドレス

エブリスタ
牛丼

小説 ヒューマンドラマ

牛丼

酒井小言

花見で賑わう桜の木の下で一人牛丼を食べてまわりを呪う男の述懐

完結

4ページ

更新:2018/04/20

コメント:満開の桜とどのように接するか。桜をどのような位置として見るか。桜の魅力についての素直になれない戸惑いです。

説明

花見で賑わう桜の木の下で、男は一人牛丼を食べて、周囲を呪う。美しい桜に群がる美意識の持たない人人への不満と、そんな人人を惹きつける蓮葉な桜の花へのつれなさなどを思い巡らし、安っぽい牛丼ぐらいが桜の木の下にはお似合いだと一人勝手な仕返しをするが、結局は桜に取り込まれている自分を見つけてしまう。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

酒井小言さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント