このページのリンクアドレス

エブリスタ
冬のキリギリス

小説 ヒューマンドラマ

冬のキリギリス

かの翔吾

(1)

BLじゃない、ゲイが書いたゲイの小説。

完結

164ページ

更新:2018/04/29

コメント:一般小説でゲイが書いたゲイの小説って本当少ないと思います。なので書いてみました。

説明

ある殺人事件の容疑者である今瀬亨。
亨の十年前の恋人、遠藤祐輔。そして亨の妹、今瀬初子。
亨の恋人であり、殺人事件の被害者である、加藤航基。そして航基の叔母であり、亨に深く関わろうとした加藤麻美。
祐輔、初子、航基、麻美。亨を愛した四人の視点から亨を描いた連作短編。
殺人事件の容疑者と言う事で、ほんの少しミステリー要素はありますが、人が人を愛すると言う事、そして家族と言うものを見つめた話です。

この作品のタグ

作品レビュー

かの翔吾さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント