このページのリンクアドレス

エブリスタ
二度ある事は……

小説 恋愛

二度ある事は……

夏月 海桜

こんな事、一度だけだと思ってた。

連載中

353ページ

更新:2018/08/20

コメント:私が信じられるのはお金だけ。

説明

初恋は中学生の時。既婚の先生でした。当然片想いで終わりました。告白? ーーするわけない。先生も、私を1人の生徒としか見てなかったし。

でも、私の恋愛は、思えば初恋から、おみくじで言うところの大凶だったのかもしれないーー。

高校は先輩。優しくてカッコいい、みんなの憧れ。告白しようと考えている間に、彼女がいる事を知って、終わりました。まぁここまでは、よくある話。

大学2年生。初彼が出来ました。ちょっと高校の時の先輩みたいに優しい人。高校からの親友も応援してくれました。だから、思いも寄らなかった。ーー私との仲を取り持つ間に、親友が彼を好きになって、私から奪い取るなんて。

それから5年。恋をするのも避けたし、当たり障りの無い付き合いはしても、友人付き合いはしなかった。そんな私が社会人になって3年目。合コンに強制参加させられて、酒に酔ってお持ち帰りされて、無し崩しに付き合い始めた人が出来ました。




大北祈里。25歳。信じられるのは、お金だけーー。

男も女も信じられない。



二度ある事は三度ある。



そんな諺、聞きたくなかった。







2018年4月25日執筆開始・公開

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

夏月 海桜さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません