このページのリンクアドレス

エブリスタ
斑鳩サマータイムリーパー

小説 SF

斑鳩サマータイムリーパー

赤羽道夫

(2)

奈良県斑鳩町を舞台に描く青春ストーリー

完結

348ページ

更新:2018/08/27

コメント:本作を、故・三村春子さんに捧げます

説明

夏休み直前、深夜の法隆寺付近に出没する幽霊のウワサ。
中学2年生の麦沢灯雅(むぎさわ とうが)は、友人たちとつれそって、肝試しにおもむく。
そこで出会った黒い渦からでてきたものに恐れをなして逃げ帰るが、次の日の昼間、現場に再び行ってみると、置き忘れた灯雅の自転車を見知らぬ少女が乗っていた。問いただす灯雅。だが、彼女はただの女の子ではなかった。

(102347文字)

この作品のタグ

作品レビュー

赤羽道夫さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント