このページのリンクアドレス

エブリスタ
誠実の命日

小説 恋愛

誠実の命日

星本輝(元ウッディ)

(1)

彼は、いつでも誠実だった。

完結

30ページ

更新:2018/07/08

コメント:ジャンル応援キャンペーン『変わる』にて、佳作受賞!

説明

夜遊び、お酒、深夜の送迎。どんなワガママでも彼は、誠実に受け止めてきた。
真っすぐな愛を掲げて、優しさで包みこんできた。

恋人の柑奈は、それに値する人物だった。そう信じていたのに、誠実は実に脆かった。何が、彼を、そうさせたのか。

あの瞬間、2人はきっと、映し鏡だった。

素直さ、鈍感さ。欲望と虚像。見えない幻を掴み切れぬ、若者のもどかしさ。
風の強い、とある夜の物語。

短編恋愛小説『誠実の命日』[リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

☆KEI☆はぁー寒い((+_+))
☆KEI☆はぁー寒い((+_+))さん
【作品】誠実の命日についてのレビュー

ネタバレ

宣伝ありがとうございます!
読み終えたのでレビュー致しますね♪

相変わらず繊細な描写と深い内容に思わず見入ってしまいました。文字は詰まってるハズなのに、ページを読む手が止まりませんでした(笑)

カンナって本当に厄介な女ですよね(^^;
私もワガママで人の話を聞かない捻くれた部分はありますが、ダメな事とそうじゃない事の区別はまだ、カンナよりはついてるつもりです。
しかも浮気した相手が親友なんですよね?
他ならまだしも(それ勿論ダメですが)親友とそれをされた主人公はどんなに惨めでショックだったのか、直接的でなくてもそんな感情が伝わってくるようです。

注意されても笑って誤魔化す……これは、女に限った事じゃなく男にもよくある事ですね。私の元カレがそうでした。しかし、そんな彼女の事も一時は寛大な心で受け止めてあげた主人公は本当に優しいと思います。同時に、他の女に騙されたりしないかなと不安にもなります。

そう見ると、菜々子の方はマトモなのかな?と思います。変に距離を縮めたりしない、余計な事はしない、用が済んだら帰る、でも相談にはいつでも乗ってくれる。なんか友達と言う関係を保ててるような、そんな感じがしました。私も彼女みたいな友達がほしいなと思ったり(笑)

今回はこんな感じですが、場面の切り替わりが唐突なところがあり、少し混乱してしまいました。けど、一つの恋愛ストーリーとしては成り立ってると思うし、文法も文句なしの満点でした。特集に乗ってもおかしくないです。

また、次回作も期待してますね♪
ありがとうございました!

もっと見る

2018/05/16 17:17
コメント(1)

星本輝(元ウッディ)さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント