このページのリンクアドレス

エブリスタ
うたたねに袖振る

小説 恋愛

うたたねに袖振る

ノシメユウ

青い着物に、帯は桃色。忘れられない恋を秘めながら、袖を通す。

連載中

40ページ

更新:2018/05/24

コメント:次回は6月更新です。それまでに小話をひとつ予定してます。

説明

明日は青い着物に帯は桃色。
次の休みには何を着ようか。
都会から田舎に戻り、家にある着物を大切に扱いながら過ごす日々。
そんな私を、終わらない片想いが苦しめる。いつもどこかで彼を思い出す。
本当にいなければいいのに、彼は頭の中だけでなく、目の前にも現れる。

「もう少し我慢して一緒にいてくれないか」

それは愛情なのか、気遣いなのか。
彼に翻弄される主人公。

大人になってからの片想いを、ただひたすらに隠しながら生きる、切なくてハラハラドキドキなラブストーリー(を目指してます)。

2018/5/24に第二章『宵の風』完結しました。
同じ教師から慕われ、彼に翻弄される主人公の回です。付き合っちゃうのかどうなのか!?

第三章はしばらくお待ちください。


行き当たりばったりのフィクションですので、設定の甘さはご容赦ください。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ノシメユウさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません