このページのリンクアドレス

エブリスタ
神域のエンドゲーム・スタディ

小説 ミステリー

神域のエンドゲーム・スタディ

神尾 哉太(かみお かなた)

(1)

オカルト研究の最先端で勉学に励む女子大生・山田水無瀬が遭遇した奇妙な怪事件。

完結

96ページ

更新:2018/05/31

コメント:オカルト腐女子のアカデミックミステリー。

説明

表紙イラストはお粥様に書いていただきました。
素敵なイラストに感謝しますm(_ _)m
[リンク]

10年ほど前。
霊子の発見により、オカルトは霊子力学として1つの学問へと昇華した。
神薙大学SS鴉谷研究室はそうした霊子力学研究の最先端施設である。


この研究室に通う女子大生? 美少女子大生? 腐女子大生? とにかく山田水無瀬の元に届いた怪事件の調査依頼。
水無瀬は下僕? 友人? とにかく左藤在と共に怪事件の調査に乗り出すのだが……。


真っ黒に染まった桜。
首つり未遂事件。
そしてイケメン多数登場のスマホ用女子向けチェスアプリ。


今、水無瀬のエンドゲーム・スタディが始まる。

この作品のタグ

作品レビュー

神尾 哉太(かみお かなた)さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません