このページのリンクアドレス

エブリスタ
ひとつだけの嘘

小説 ヒューマンドラマ

ひとつだけの嘘

岩永和駿

(1)

夕陽に向かって駆け去る少女の後ろ姿に重なって、古い古い思い出が蘇ってきた。

完結

8ページ

更新:2018/05/17

コメント:公式イベント「優しい嘘、悲しい嘘」参加作品です。

説明

公式イベント「優しい嘘、悲しい嘘」参加作品です。
約3000文字程度の短編です。
読んでいただければ嬉しいです。

この作品のタグ

作品レビュー

岩永和駿さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント