このページのリンクアドレス

エブリスタ
桜の蕾がほころぶ、その時に。

小説 恋愛

桜の蕾がほころぶ、その時に。

咲 悠理

いつもひとりでいる彼女が気になって仕方がない。俺は彼女に夢中だった。

連載中

64ページ

更新:2018/10/03

コメント:スターなどありがとうございます!少しずつですが頑張ります!

説明

君はいつも一人で

君はいつも無言で


何を考えているのか全くわからないけれど



いつか俺に話しかけてくれたらなんて


そんなことを思いながら



今日も俺は君の隣にいる




出会いは、ちょうど桜のつぼみが綻ぶ、そんな時期だった。





この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

咲 悠理さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント