このページのリンクアドレス

エブリスタ
オバちゃんだからこそ~45歳の異世界珍道中~

小説 ファンタジー

オバちゃんだからこそ~45歳の異世界珍道中~

鉄 主水

(10)

ドーンと来い! 異世界! オバちゃんは我が道を行きますよ!

完結

290ページ

更新:2018/08/18

コメント:完結です! ご閲覧やスター、心から感謝申し上げます!

説明

子育ても一段落した40過ぎの訳あり主婦、里子。
そんなオバちゃん主人公が突然……異世界へ。
そこで里子を待ち構えていたのは……今まで見たことのない奇抜な珍獣であった。

「何がどうして、なぜこうなった! ……うーん。でも仕方ない。せっかくの異世界だ! 思いっ切り楽しんじゃうぞ!」

オバちゃんパワーとオタクパワーを武器に、オバちゃんは我が道を行く!
ラブはないけど笑いあり、涙ありの異世界ドタバタ珍道中。
いざ……はじまり、はじまり!




ご感想などがあれば凄い嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。


※この作品は、アルファポリス様にも投稿しています。

この作品のタグ

作品レビュー

黒巻雷鳴
黒巻雷鳴さん
【作品】オバちゃんだからこそ~45歳の異世界珍道中~についてのレビュー

わたしは“身内”には加味しない主義なので、星については正直の評価をした。

本作は昨今氾濫している「転生モノ」である。
ガムの味と同じように、色々と出し尽くされた感のある同ジャンルではあるが、“おばちゃん”が主役とは、かなり稀である。

だが、わたし個人としては、その“おばちゃん感”があまり活かされていないと、思わざるおえない。どこか体裁を気にしているように感じてしまった。オッサンやオバチャンは、振りきって表現すべきモノであると、個人的には思う。けれども、どこかオブラートに包まれたような気がしてならない。

ただし、全体を通して非常につくられた内容であり、作者がその気になれば小説家として大成するであろう予感が、ひしひしと伝わってくる。

ちゃんとした、まともな担当編集者が付けば、絶対に小説家になれる逸材であると、わたしは勝手に断言させて頂きたい。

本作はもう少し手を加えれば、メディアミックスも夢ではないと思えるクオリティである。それに、これは処女作であるというではないか。

鉄 主水……末恐ろしい逸材である。

もっと見る

2018/09/04 12:06
コメント(4)

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント