このページのリンクアドレス

エブリスタ
八体の王子王女がつばさを広げて飛んでゆく

小説 詩・童話・絵本

八体の王子王女がつばさを広げて飛んでゆく

うたうもの

はったいのおうじおうじょはふるくからこのばしょをまもりつづけてくださいました。

連載中

107ページ

更新:2018/09/02

コメント:スカイハイ→ジャンル応援青春「ひみつ」に変更。ちょこちょこ手直ししますがご了承ください(^◇^;)

説明

 むかしむかしのことです。

はったいのおうじとおうじょが、とおいいこくからおおきなつばさでわたってきて、たかおさんというしんざんにおりたち、きょじょうをかまえたのです。

そしてそれからというもの、そのいったいをなんぜんねんもそっとみまもってきたのでした。

『こどもといっしょに学ぶ八王子王女のはじまり物語』より抜粋

八体の王子王女と少女をめぐるご当地ほのぼのあやかし物語。


表紙イラスト、さし絵はibisPaint X で作成。

(c) うたうもの 2018

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

うたうものさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント