このページのリンクアドレス

エブリスタ
その日、大雨が降った

小説 SF

その日、大雨が降った

青樹空良

溶けてしまいそうな熱さだった。いや、すでにどこか溶けている気がする。

完結

4ページ

更新:2018/06/09

説明

溶けてしまいそうな熱さの中、大雨が降った。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

青樹空良さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント