このページのリンクアドレス

エブリスタ
ペイガン

小説 ヒューマンドラマ

ペイガン

オト

(1)

『みんな』に愛されたかった男は、自分を呪うしかなかった。

完結

33ページ

更新:2018/09/26

説明

ある男が、この国にある宗教に馴染めないでいた。

その神の名は『みんな』という。

その宗教から逃げ出すことも戦うこともできない男は、かつての恋人の友人である女性、ルナと快楽にふけっていた。

それでもけして満たされない男。

寂しさからヒステリー状態になり、なんとかすべく動き出すのだが――。

表面でしか他人と付き合えない、いつも笑顔でいる男のヒューマンドラマ。

この作品のタグ

作品レビュー

オトさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント