このページのリンクアドレス

エブリスタ
泥濘

小説 現代ファンタジー

万象

泥濘

桐崎 浪漫

27歳にもなってフラフラしている 祓い屋さん達の4人の話です。

完結

224ページ

更新:2018/07/14

コメント:万象「6」です。山間の集落の祟りのお話です。

説明

神社からバイト派遣された祓い屋さん4人と狐が
“余所者”と指を差されつつ、山間の集落の祟りに挑みます。
春の始めのお話です。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

桐崎 浪漫さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません