このページのリンクアドレス

エブリスタ
傷だらけのGOD3 MARAの呪い 氷結のサバイバル!

小説 ミステリー

傷だらけのGOD3 MARAの呪い 氷結のサバイバル!

吉田真一

巨大犯罪組織10000人VSたったの4人 。極東ロシアで繰り広げられる壮大なバトル!

連載中

604ページ

更新:2018/12/14

コメント:1日2回、0時と18時に更新です。

説明

死した永遠のライバル秋葉秀樹に託された彼の実娘『MARA』を救出すべく、エマは単独極東ロシアへと飛び立っていく。

エマの前に立ちはだかる巨大組織『ヴァローナ』......
気付けば『MARA』を巡って『ヴァローナ』との全面抗争に発展していた。

ユジノサハリンスクで幕を開けた両者の戦いは、サハリン最北の町『オア』を経て、海を渡り『カムチャッカ』『マガダン』『チュクチ』と戦いの場を北へ北へと進めていく。

エマが最初の地、ユジノサハリンスクで知り合った謎のロシア人通訳アレクは、『チュクチ』に存在する彼の故郷を『ヴァローナ』から守って欲しいとエマに懇願し、エマはその願いを受け入れる。

『MARA』を探し、『村』を守り、『ヴァローナ』と戦うエマの姿は正に『神』そのものだった。

圭一、美緒、ポールの3人も、日本における『ヴァローナ』との戦いを経て、次々とエマの元へと飛び立っていく。

笑いあり、涙あり、恋あり、別れあり......
『極神島の秘密』『樹海の怪』に続くシリーズ3作目は、正に集大成の大作に仕上がっています。

初めて同シリーズをお読みになる方でも、問題なく読み進められます。

なんと!
今回は同作の表紙を巨匠『まかろんK』さんに描いて頂きました。
まかろんKさんは、色々なタッチを魔法のように操る『神』に匹敵するようなお方です。
是非、下記リンクより、まかろんKさんの世界をご覧になって下さい!
(※なお、同表紙イラストの著作権はまかろんKさんに帰属します。無断転用、転写は禁止とさせて頂きます)
    【Special Thanks まかろんKsan!】
[リンク]

それでは、またしても長い長い長い超大作を皆さん是非お楽しみ下さい。宜しくお願い致します!

※この小説に登場する人物、団体、地名、町等全てが架空であり、実在するそれらとは一切関係有りません。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

吉田真一さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません