このページのリンクアドレス

エブリスタ
キリングブルー

小説 ファンタジー

キリングブルー

猫野手借太

功績を挙げた伝説の英雄は罪人となるが国のために再び戦いに出る

完結

178ページ

更新:2018/06/24

コメント:以前書いたものから多少書き直しました。

説明

反政府革命軍として戦った青年ケン。
彼はその英雄的功績で称えられるはずが、新政府によって罪人とされてしまう。
生きる気力を失ったケン。
彼はかつての功績により多くの命を奪っていたが、奇跡的に生き残った少女が出所直前に保護された。
少女は狼に育てられた狼少女は言葉も話せず会話も意思の疎通もできない。
そんな少女を人間生活に馴染ませるために、新たな仕事として少女の元を訪れる。
少女とその周囲にいる人達との関係からなんとか生きる目的を見出したケンだったが、新政府の外交政策や軍事政策の失敗により仲の悪い国が攻めてくる。
かつて英雄と呼ばれた男が再び国の未来のために命を賭して、圧倒的戦力を誇る軍事国家の信仰に立ち向かう。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

猫野手借太さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント