このページのリンクアドレス

エブリスタ
雨が降っても、降らなくても

小説 詩・童話・絵本

童話

雨が降っても、降らなくても

ももたろう

(9)

雨は好き、それとも嫌い

完結

12ページ

更新:2018/07/01

説明

第78回 妄想コンテスト「雨の日」2018年7月 参加

君は雨の日が好きですか?
あなたは雨が嫌いですか?

空から落ちてくる雨は何を君に伝えてくれるだろうか

この作品のタグ

作品レビュー

★にいだ★あけおめです!
★にいだ★あけおめです!さん
【作品】雨が降っても、降らなくてもについてのレビュー

ネタバレ

うわぁ!素敵な余韻が残る、大変素晴らしい作品ですねぇ!
それと同時に、この度の大雨被害にあわれた皆様の一日も早い復旧をお祈り致しました。

今回の作品ですが、
虫や蛙の学校という設定が凄く良いですね!
そして、そこで学ぶ生徒たちが何と!健気で可愛らしい事でしょうか!

特筆すべきは、その生徒たちが語る、それぞれのエピソードやストーリーがそのキャラクターの特徴を十分に活かしている点です!

いやぁ!いつもながら、ももたろうさんの着眼点のセンスの良さ、イマジネーションの豊さ、観察眼の的確さには、大変感心致します!

ここで語られる、それぞれのエピソードは、
そのまま我々、人間のエピソードとしても当てはまる部分がたくさん有りますね!
擬人化の技法というのは、 大変難しいと思いますが、今作品は見事にそれをクリアし、読み応えの有るヒューマン(?)ドラマとして昇華させています!

そして、優しく静かに心に入り込んで来る、本当に温かな言の葉たち…。

『雨粒は、そのひとつひとつにいろいろなお話を詰め込んで、お空からやってくるんだよ』

『そう、お父さんはいまお空の上にいるけど、お前に会いたい時は雨に乗って会いに行くからね』

『雨はね、みなの心を潤してもくれるし、冷たくもしてくれる。
でもどこでも、誰にでも降る雨は同じなの』

童話の様なスタイルではありますが、その言の葉一つ一つが、本当に温かく私の心に沁み込んできました。

そうなんですよね!
人生は、山あり谷あり…
でも、何事もそれをプラスに受け止め、前を向いて生きていくか…。
はたまた、マイナスに受け止め、下ばかりを見て生きていくか…。
全てはその人の受け止め方、考え方一つなんですよね!

私も、ももたろうさんに大変素敵な教訓を頂き、そして背中を押して頂き、本当に晴れやかな気分になりました!

深く心に残る、大変大変素晴らしい作品をご拝読させて頂き、本当にありがとうございました!!

もっと見る

2018/08/05 07:08
コメント(5)

ももたろうさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント