このページのリンクアドレス

エブリスタ
盤上のイリア /5

小説 ファンタジー

盤上のイリア /5

河代雪

記憶を失った、明るく優しい少女の冒険物語

連載中

93ページ

更新:2018/12/15

コメント:ちびちび更新していきます。設定を考えたり、戦闘描写を書いたりするのが好きです

説明

●あらすじ

物語の舞台は二人の神が静かに争う世界。人と動物、それらと似て非なるものたちが、神の零した恩恵と暮らす世界。

その世界のどこにあるかも分からない森の中で目覚めた少女は、記憶のほとんどを失っていた。

霊力と呼ばれる力とそれを用いる術〈霊術〉、獄から這い出た死者「獄物(ひとやもの)」、様々な進化を遂げた生物など、未知の存在が少女を襲う。

未知と恐怖が溢れる世界で、少女はこの世界に暮らす者たちの助けを借り、まずは自身の記憶を取り戻すための旅をする。


●登場人物

イリア
 主人公。橙色の瞳と長髪を持つ、見た目は十代前半の少女。とても優しい性格だが、思慮の浅さとの相乗効果で自らの命が危機に晒されることがこの世界では珍しくない。

ユア
 イリアが街で出会った、白に極めて近い薄紫色の瞳と髪の、明るい少女。明るいだけでなく、冷静さを発揮する場面も多々ある。

アイラ
 旅の途中でイリアが出会う少女。濃青の瞳と長髪。柔術の優れた使い手。イリアをときめかせる程の不思議な魅力を持つ。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント