このページのリンクアドレス

エブリスタ
木曜の船

小説 青春

木曜の船

樹里

無限とは 宇宙の広さと 人の愚かさ アルバート・アインシュタイン

完結

95ページ

更新:2018/07/22

コメント:短編シリーズ第二弾!力を抜いて自然体で書きました!

説明

かっては少年であった男たちの胸にたぎるような血潮を沸かせる、一枚の宝島の地図。日常から逃げて来た浜田洋二という初老の男の人生を、南洋の孤島、スペイン金貨、薔薇の追憶を織り交ぜて語る、大人の童話。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

樹里さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません