このページのリンクアドレス

エブリスタ
ブラックにゃんこフェスティバル

小説 ヒューマンドラマ

ブラックにゃんこフェスティバル

春市

失恋に打ちひしがれる僕の前に現れたのは、喋る黒猫だった

完結

5ページ

更新:2018/09/25

コメント:やさしい(?)黒猫の短編です

説明

失恋から立ち直れない僕を、黒猫はとある催しに誘ってくれる。

その名も、ブラックにゃんこフェスティバル!

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

春市さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント