このページのリンクアドレス

エブリスタ
生態系Gメン

小説 ミステリー

生態系Gメン

等々力亮

(1)

瀬戸内海の小島に上陸したのは想定を超えた最悪の外来昆虫だった!  

完結

290ページ

更新:2018/11/19

コメント:ひとまず完結です。続きはサポータ特典で。

説明

環境省傘下の「生態系Gメン」が、未知の外来生物の駆除に挑むネイチャー系小説。パニックものではなく社会派サスペンスです。毎朝更新中。
↓(もっと見る、をクリック)

 瀬戸内海の小島に上陸し、複数の犠牲者を出した異形の昆虫の正体は何か? どこからどんな経緯で侵入したのか? 脅威にさらされた希少種の蝶は絶滅させられてしまうのか?
 想定を超えた最悪の外来生物が島外へ拡散するタイムリミットが迫る中、Gメンは困難きわまりないミッションに挑まざるを得なくなる。

この作品のタグ

作品レビュー

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント