このページのリンクアドレス

エブリスタ
森山緋色は探偵である。(仮)act.2 「そしてすべてが一つになる」

小説 ミステリー

森山緋色は探偵である。(仮)act.2 「そしてすべてが一つになる」

瑠璃川琥珀

森山緋色シリーズ二作目。※二話目ではない予定。

連載中

134ページ

更新:2018/11/11

コメント:DEF STUDIOS presents 双葉社からデビュー賞出品予定

説明

「つまり、部屋は密室だった、という訳ですね?」

恋人を殺された依頼者、森宮千夏。
しかし、殺害現場が密室状況であったため、第一発見者でもある彼女に容疑がかけられてしまった。

その容疑を晴らすため、森山緋色の助手兼メイドの雨宮藍が調査に乗り出す。

多視点で描く新感覚ザッピング型ミステリー。

すべての謎は、やがて一つとなる。

未だかつてない、密室を体験せよ!

※森山緋色は探偵である。(仮)シリーズ2作目。
1作目はこちら→[リンク]

※表紙(雨宮藍)はKtさん[リンク]に描いていただきました。
このまま漫画に出来そうな、素敵な表紙に感謝!

※私が勝手に「本格推理」仲間だと思っている小池正浩さん[リンク]のエッセイ「オルタナティヴ批評」[リンク]にて、今回の事件について御考察いただいてます(160ページから)。合わせてご覧下さい。ネタバレオッケーで依頼してるので、どちらから読むかは読者様次第です。挑戦を受けていただいた小池さんに多大なる感謝を!

2018.8.25 投稿開始。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

瑠璃川琥珀さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント